多重債務になる人とならない人

多重債務になる人とならない人

何事も同じで、自分の間違いや非を認めて悔い改める人は出直しができます。

 

自分の過ちを認めて反省する人は、救いがあるからです。

 

日本の刑事裁判に於いても、自分の犯行を深く反省しているか否かは量刑を決める際の重要な要素です。

 

また、宗教的な教えも悔い改めることは救いに繋がることを教えています。

 

これはカードローンの世界でも同じです。

 

カードローンの借入残高が少しづつ増えて返済に窮する様な事態に直面した時に自分の過去の借金人生を悔い改めて反省する人と、社会や環境を借金の理由にする人では結果は自ずと違ってきます。

 

自分の行いを悔い改めた人は、配偶者や家族に相談して皆で協力して返済を続けていけるかもしれません。

 

しかし、自分のプライドやミエを捨て切れない人は、配偶者や家族にも相談できずに多重債務に陥っていきます。

 

現実的に多重債務者は複数の金融機関から借入が有り、1社の返済の為に他社からの借入を繰り返して借金総額が増えている状態を意味します。

 

つまり、多重債務者は必死に毎月の返済を続けていますが、借入総額は減らずに逆に増えている状態なのです。

 

この様な状態に陥ってしまうと、もはや、打つ手は限られてきます。

 

多重債務者が毎月必死で返済を続けても、返済しているのは元金ではなくて利息を支払っているに過ぎないからです。

 

しかし、多重債務に陥ってからでも、カードローンの借入総額と収入や資産の額によっては返済できる場合もあります。

 

例えば、金利の低いおまとめローンに借り替えることや、住宅を売却してローンを返済し賃貸アパートから出直したり、配偶者や親兄弟などの家族や先輩や上司に相談することなどが最後の手段です。

 

この期に及んでもこの様な対策さえも打てない人は、今の日本の財政赤字と同じで抜本的な解決策を先送りしているだけです。

 

その様な人は、やがて、大変な未来を迎えることになります。

 

従って、1日も早い抜本的な対策を実行することが求められています。

主婦の借入は、金融機関ならどこでも可能です。

 

主婦(仕事を持つ方)の方がお金を必要という場合、消費者金融から銀行系金融会社、銀行等、どの金融機関からの融資も実現します。

 

 

ですが、専業主婦の方の場合は「総量規制対象外」の金融会社、機関による借入と限られます。

 

しかしながらそうした金融会社では、融資に伴う金利も低めなので、主婦の方の融資も負担なく利用出来るものになると考えます。

 

 

専業主婦のみなさんが、借入れしたい時には俗に言うメガバンクが提供する融資会社の商品を利用する事となりますが、その場合の金利は「4%〜14%」前後となりますので、比較的即日融資としても金利の低胃商品を利用する事が可能になります。

 

 

仮に他融資機関で専業主婦のみなさんが借入を希望する場合も総量規制対象外での融資となりますので、金利は大体「最高でも15%以内」で利用が可能だと思います。

 

 

主婦の融資といっても仕事を持つ方とそうでない方がいると思いますので、その違いにより即日融資を利用出来る範囲も異なりますが、いずれにしても主婦のみなさんが利用出来るところは幅広く存在します。

 

しかも、専業主婦の方が利用出来る即日融資商品は、いずれも金利が若干低めに設定されているものが多いので、無理なく利用が出来るものになるかと思います。

 

 

専業主婦のみなさんが融資を申込み可決する場合、傾向として融資額は「10万円〜」となりますし、最高借りられて「30万円以内」となりますが、金利は「15%以内」で借りる事が出来ると思いますので、やりくりの範囲内で借入、返済もできやすい商品内容になっていると思います。

 

 

最近の専業主婦の借入人気としては「地銀」のカードローン商品人気があります。

 

地銀の融資商品でも今では即日融資が可能となり審査のスピードも非常に早くなっているので、専業主婦のみなさんの「今すぐ何とかしたい‥」というようなお金の要り用にも十分に対応可能な融資商品になっています。

 

 

結論としては専業主婦のみなさんが即日キャッシングを利用する場合の金利は「15%以下」での利用が実現します。

続きを読む≫ 2013/03/18 09:33:18

私の知人で、旦那さんが若くして亡くなった方がいらっしゃいました。

 

特別仲が良いと評判だったわけでもないですが、やはりパートナーを失って、

 

しばらくの間彼女はふさぎこみ、私も心配ではありましたが、あまり口出しをするものでもないと思って、

 

しばらく距離を置いていました。

 

 

 

それが先日久しぶりに会ったときに、非常に元気な様子だったので、

 

私は純粋に、あぁよかったと思ったのですが、

 

実は、彼女が言うには、しばらく前に、家に旦那さんあての督促状が届いたのだと言うのです。

 

内容は、とある有名なサラ金業者からで、昔お金を借りていたらしく

 

返済期限を過ぎているから早く返すようにと…

 

驚きと呆れのあまり涙も引っ込んだわということです(笑)

 

 

 

その後彼女は業者に連絡し、業者からは、返済義務は無いから払わなくてもいいと言われたそうですが、

 

そんなに大きな金額でもなかったので、一括で返したそうです。

 

なんだかすっきりしたわという彼女。

 

案外これでよかったのかもしれませんね。

続きを読む≫ 2013/02/10 13:00:10

キャッシングとは・・・

 

消費者金融、銀行などの金融機関が個人に対して融資する事をキャッシングという。小口融資のため、利息が高めに設定されているのも大きな特徴です。基本的にはキャッシュカードなどを使いATMまたはキャッシュディスペンサーから現金を引き出すようにして貸し出される小口の融資のことを言う。

 

最近になってネットキャッシングなどATMなどの端末を介さないタイプのキャッシングも多く見られるようになったものの、多くは前者の用にキャッシュカードでの引き出しがほとんどです。インターネット以外にも電話で申し込むものやそのほか様々なタイプのキャッシングがあるようですが、今の現状としてはインターネットキャッシング、テレホンキャッシングなどといった言葉を使うことはほとんど無く、世間一般に言われているようにキャッシングというひとくくりの言葉で締めくくられている。

 

また、最近では一部の企業がキャッシングの際の利息が高すぎるとして問題が浮上し、話題になったもののすでに忘れられたかのような扱いになっている。しかし、それまで以上に業界への監視が強くなり今までのような利息の形態が少しずつではあるが法整備もすすみ変わってくる可能性が高いようです。

続きを読む≫ 2013/02/06 13:14:06

お試し審査の審査時間は、およそ数秒程度で判明するものなので、キャッシングの申込みを悩まれている方は、まずはこのお試し審査の利用から検討してみる事がお勧めです。

 

ただし、このお試し審査の結果が「融資の結果に直結するものではない」ので、融資がされるか否かは本審査を受けないことにはわからないという事は予め認識しておかなければいけません。

 

 

お試し審査により、わかる事というのは「融資の確定」ではなく「申込みに関するおおよその融資の結果」です。

 

ですから、例えば「一刻も早い融資を希望」という場合は、まわりくどいお試し審査を行わずに申込みをされるほうが早いと感じる方も多くお試しを利用せず申込まれる方もおります。

 

しかし、審査が不安の方の中には、お試し審査を受ける事により融資の大まかな目安がわかると安心ですし、それで申込みの決断も出来ますのでお勧めです。

 

尚且つ、仮に審査に通らないような事情をお持ちの方なら、無記名で審査の行えるお試しをしてからキャッシングを申込む事により申込みブラックとなるのを防ぐ事も出来るので、お試し審査はやはり融資を検討する場合には利用される事もお勧めなのです。

続きを読む≫ 2013/01/30 11:23:30

債務整理の専門の弁護士に言わせますと、カードローンで多重債務に陥る人は真面目で几帳面な人が多いと言います。

 

また、ギリギリまで頑張ってしまう人が多いのも特長だそうです。

 

例えば、ギリギリまで頑張って返済を続けた多重債務者が、突然、返済不能に成った場合は悲惨な状況になります。

 

従って、債務整理の弁護士曰く「ギリギリまで頑張らずに誰かに相談することも大事なことです」とのことなのです。

 

つまり、ギリギリまで返済を続けた結果、家には全く現金が無くなり生活費にも事欠く状態まで追い詰められてから誰かに相談するのと、結末を予測して次のステップのために誰かに相談するのとでは大きな違いです。

 

同様に弁護士曰く「誰にも相談しないで多重債務に至った人が多い」そうです。

 

従って、毎月の返済が苦しくて延滞になりそうな場合は延滞になる前にカードローン業者の担当者に相談することも重要なことですし、多重債務に陥る前に自力返済が困難と判断できれば配偶者や家族に相談することも大事なことと言えます。

 

また、同様に債務整理の専門家である弁護士に早い時期に相談するのも良いでしょう。

 

配偶者や家族の場合は感情的になってしまう場合がありますが、債務整理専門の弁護士は冷静に第三者的に打つべき方策をアドバイスしてくれます。

 

そのためには、最後の費用として弁護士の着手金に相当する20万円〜30万円の資金を残しておくことも重要です。

 

現実には債務整理の弁護士の場合は弁護士費用を分割や後払いにしてくれる弁護士も多いですが、着手金を用意できればそれに越したことはないからです。

 

従って、自分の力ではもう限界だと悟った場合は無駄な努力や先延ばしをすることなく、早く弁護士などに相談することが自分の為でもあり家族の為でもあるのです。

 

つまり、この世の中、何事もギリギリまで頑張り過ぎないことも、後で考えれば必要な場合も意外に多いということも知っておくべきです。

続きを読む≫ 2013/01/17 18:05:17

債務整理の要点は、やるべき時にタイムリーに対策を打つことが重要です。

 

その意味で債務整理の節目と思われる時期の具体的な対策は以下の通りです。

 

まず、債務整理の要点の1つ目は多重債務に陥った場合は、独力での返済は諦めることです。

 

多重債務とはどこかのカードローンを返済するために他社からのカードローンで借入れている状態で、全体としてカードローンの借入残高が増えている状態です。

 

従って、多重債務に陥った場合は、配偶者や親兄弟や同僚や上司など身の回りの身近な人に相談するしかありません。

 

また、おまとめローンなどで債務を1社に借り替えて、返済を仕切り直しすることを考えるのもこの時期が最後のチャンスです。

 

そして、債務整理の要点の2つ目は、通常のルールでの返済が困難と判断した場合は直ぐに銀行や貸金業者の担当者に相談することです。

 

一般的に、業者の担当者に相談することを任意整理と言い、当初の契約通りの返済はできないが何とか許される範囲内での自力返済を目指して業者と相談する訳です。

 

この任意整理は債務者自身で行うこともできますし、弁護士に依頼することもできます。

 

業者側としても、民事再生手続や自己破産手続の法的債務整理の場合は貸し倒れになりますが、任意整理は貸し出し元金が返済される場合が多いので相談に乗ってくれます。

 

この任意整理の場合は業者側も譲歩して金利を減免するなどしてくれる場合がありますが、最近は借入元本については業者側の譲歩を引き出すことは難しくなっています。

 

そして、債務整理の要点の3つ目は任意整理などの和解交渉が成立しない場合には、裁判所の判断を仰ぐ法的な民事再生手続や自己破産手続に委ねることになります。

 

この場合は法的手続になりますから、債務整理専門の弁護士に依頼しなければなりません。

 

そして、債務者の年齢・職業・収入や債務の額や資産の額などを総合的に判断して、弁護士が民事再生手続か自己破産手続を選択してくれます。

続きを読む≫ 2013/01/17 18:05:17